独、看護師が患者に手をかけた

ドイツで大量殺人が起きていた。
昨年、看護師として勤務していた病院で患者2人を殺害した男が有罪判決を受けていたが、新たに他の33人殺害していたことが分かった。
捜査当局によると、事実であれば戦後ドイツで最悪規模の連続殺人事件となるとのこと。
男の名はニールス・H(39)。デルメンホルスト病院の元看護師で、集中治療を受けていた患者5人の殺人で終身刑となっている、うち3人は未遂に終わった。去年の2月から刑務所にはいっている。
病院では、故意に致死量の薬剤を患者に投与し30人以上を殺害した。病院で死亡した患者99人の遺体を掘り起こして調べると正確には33人から薬物が検出された。
ニールス受刑者によると、他の病院でも殺人事件をおこしたとのことで、地元警察幹部のヨハン・キューネ氏は「惨劇がこれで終わりだとは言えない」と話している。
土葬だからできる調査方法だ・・・。

女性狙い20人を殺害か…逮捕された男が自供

南米コロンビアの検察は20日、女性の行方不明事件で逮捕した男が、これまでに20人以上の殺害を供述したと明らかになりました。
被害者の多くは女性とみられ、捜査当局が裏付けを急いでいるとのことです。
男は、第二の都市メデジン近郊で農家を営むハイメ・マルティネス容疑者(44)。
捜査当局が自宅を捜索したところ、女性の所持品や血痕などが見つかりました。
調べに対し、容疑者の妻や7歳と5歳の子どもを含む20人以上の首を絞めるなどして殺したと認めたそうです。
動機は明らかになっていないが、自宅敷地からは白骨化した1人の遺体が見つかったとのこと。
捜査当局はほかにも遺体があるとみて捜索を続けています。

どんな理由があっても、殺人は犯罪です。
逮捕された方には、深く深く反省して頂きたいですね。
正直反省だけでは、足りないくらいですが…こういった事件が無くなることを、心から願っています。