新開発、手をディスプレーに

SF映画などで、皮膚の一部に数字や文字が浮かび上がって自爆するキャラクターを見たことがあるだろう。今回新開発されたディスプレーでは、そういったことが現実に可能になる。
東京大の研究グループが開発したのは、皮膚に貼れるフィルムのような薄い有機ELディスプレーだ。センサーとつなげば、脈拍数を手の甲に表示できる。米科学誌サイエンス・アドバンシズで発表。
厚さは3マイクロメートル、フィルムよりも薄く、人体の表皮の1割程度だという。折れても曲げても使えるので、貼る場所が湾曲していても機能する。手の甲に作業マニュアルを表示するなど、応用面が期待できる。
これまでの有機ELは、劣化を防ぐためガラスなど硬いもので覆わなければならず、柔らかいものを作るのは困難だった。そこで研究グループは、高分子などを駆使し、極々薄い保護膜を作った。
染谷隆夫教授は「数字やアルファベットなどを表示するディスプレーを、数年後に実用化したい。画面と電池やセンサーをつなぐ配線技術の改善も今後の課題だ」とコメントした。
まさにSFの世界だ。色々な応用が期待できるというので、これからが楽しみである。