シジュウカラに「文」を作る能力

市街地で見かける身近な小鳥のシジュウカラが、複数の「単語」を組み合わせた「文」を作り、情報を伝達する能力を持っていることを、総合研究大学院大の鈴木俊貴研究員が発見したそうだ。こうした能力は知能が高いチンパンジー等でも確認されておらず、ヒト以外の動物では初めてだという。鈴木さんは「人間の言語能力獲得のプロセスを解明する手掛かりになる」と話しているとのこと。
シジュウカラは危険を仲間に伝える「ピーツピ」という甲高い鳴き声、仲間を集める「ジジジジ」という濁った声など、状況に応じた様々な鳴き声を使い分けることが知られているそうだ。鈴木さんは、野生のシジュウカラがこれら2つの「単語」とも呼べる鳴き声を組み合わせ、仲間を集めて天敵を追い払う行動が見られたことから、録音した鳴き声で反応を調べたという。
まず、警戒と集合を別々に聞かせると、周囲を見回したり、スピーカーに接近したりするなど「単語」の意味に応じた行動が見られたそうだ。2つを組み合わせた鳴き声では、周囲を警戒しつつスピーカーに接近したとのこと。
しかし、順番を入れ替えた鳴き声では、警戒も接近もしなかったそうだ。シジュウカラが「単語」の意味だけでなく、語順も含めた「文」として認識していることが分かったという。
シジュウカラは10種以上の音の要素を組み合わせてさまざまな鳴き声を発するといい、鈴木さんは「他の音の組み合わせの意味合いや、この能力が学習によるものか、生まれつきなのかなどを調べたい」と話しているそうだ。
文を作って仲間に伝えているとは考えもしなかった。他にもシジュウカラのような賢い鳥はいないのだろうか?