トヨタが空飛ぶクルマの特許を出願

トヨタ自動車のアメリカの子会社が「空飛ぶ自動車」のための特許を出願したことがわかりました。
このことを受け、現地のメディアなどで大きな話題になっています。
「未来のモビリティ社会をリードする」ことを企業ビジョンに掲げる、トヨタだけに実用化するのかどうか注目が集まっています。
特許のタイトルは、「空飛ぶ車(エアロカー)のための積み重ねられる翼」。
北米の開発、生産を統括する子会社のトヨタモーターエンジニアリング&マニュファクチャリングノースアメリカが昨年の3月に出願をしました。
資料によると、車の上部に4枚の翼が搭載されていて、地上走行時は重ねて収納。
離陸時や飛行時に展開するとのことです。後部には尾翼のようなものも設置されています。
トヨタ広報部は「こうした特許はトヨタ技術者の頭脳やひらめき、不断の努力、情熱の表れ」としています。
未来の乗り物、「空飛ぶクルマ」。実現する日も近いのでしょうか?