モトリー、最後のジャパンツアー開幕

モトリー・クルーのジャパンツアーが2月11日からスタートした。モトリー・クルーは今回のワールドツアーを最後に活動休止を発表しており、今回が最後の来日公演になる。ジャパンツアー最初の会場、神戸ワールド記念ホールは今回の日本公演で唯一アリーナエリアがスタンディングになっているということもってかなり盛り上がったようだ。会場内には今回のツアーの目玉である、ステージからアリーナの中央まで伸びるステージセット「ドラムコースター」のレールが設置。ライブではこのセットを用いて移動しながらドラムソロを行うパフォーマンスを見せたそうだ。3月4日配信される新曲はこの日のライブでは披露されなかったそうだ。バンド結成から30年以上の歴史に幕を閉じようとしているモトリー・クルー、これが見納めと思うと感慨深いものがある。