熱中症で損害賠償

2010年夏、部活動中に熱中症になり後遺障害を負った女性が、対策の不備を原因と市を起訴し勝訴。損害賠償が支払われる。
女性は、大阪府東大阪市立中学でかつてバドミントン部に所属していた。部活動は2010年8月30日午前11時ごろから体育館内ではじまった。女性は2時間ほど練習したあと体に異変を感じて病院に運ばれたという。脳梗塞を起こしており、現在は左手指先が不自由になるなど障害が残った。
館内の室温は36度ほどであったと推測でき、日本体育協会の熱中症予防指針によれば運動は禁止されていた気温だった。さらに、校長が温度計などを設けていなかったため気温や湿度が判断できる状態ではなかった。
以上のことから裁判長は、学校が熱中症を防ぐ義務を怠ったと判断し、411万円の損害賠償の支払いをもとめた。女性は5639万円を求めたが、障害の程度から減額されたそうだ。
市教委の清水紀浩学校教育部長は「判決内容を検討し、今後の対応を考えたい」と話したという。
おそらくこういうことがあったから、ここ数年熱中症対策が特に呼掛けられるようになったのだろう。今年の夏も塩飴が売れそうだ。

Filed under: 未分類 — barkacsbolt 9:57 AM

歌丸ラスト笑点、視聴率27.1%

落語家の桂歌丸が大喜利司会を勇退した22日の日本テレビ「笑点 歌丸ラスト大喜利スペシャル」の第2部の平均視聴率が27.1%だったことが23日分かりました。
引退を発表した、4月30日の20.4%を6.7ポイントと大きく上回って、今年最高をマークしました。
また、2009年11月1日と並んで、同番組の平均視聴率で今世紀歴代1位タイとなりました。
また、瞬間最高視聴率は32.2%だったとのことです。
5月15日放送回で、満50年を迎えた「笑点」。
初回の放送から参加する唯一の出演者でもある歌丸ですが体調は万全ではありません。
高齢ということもあり、4月30日の番組収録で「来週の放送を最後に大喜利の司会をやめさせていただきたいと思っております」と引退を宣言していました。
また、注目の後任6代目司会は春風亭昇太と発表され、歌丸は「昇太さんなりの司会をしてください」とエールを送りました。

Filed under: 未分類 — barkacsbolt 10:53 AM

難病克服、朝ドラのヒロインに

今年10月3日スタート時期NHK朝の連続テレビ小説「べっぴんさん」のヒロインにデビュー3年目の女優・芳根京子が決まり、6日、会見が行われたそうだ。東京の会見では、中学2年の時に難病「ギラン・バレー症候群」を発症し、その後克服したことを明かし、「命の重さを実感しました」と話したという。朝ドラは15年前期「まれ」から4作連続の挑戦で、”4度目の正直”でヒロインの座を射止めた。
ギラン・バレー症候群は国指定の特定疾患。運動神経の障害を起こし、手足に力が入らなくなる病気で、症状が進行すると歩行困難や呼吸困難、顔面麻痺が生じたり、ものが呑み込めなくなったりすることもあるという。芳根さんは中学2年の時に発症し、今は完治して支障はないそうだが、1年間学校に普通に通うのは難しい時期があったという。
女優・大原麗子さんも長く患い、闘病中に亡くなった難病。「本当に少ない可能性でこの病気で亡くなった方もいるという話を病院で聞いて、そこから命の重さを自分で実感しました」と話した。
芳根さんは2261人の応募者から、ヒロイン「坂東すみれ」役に抜擢された。5日に合格を伝えられ、クラッカーで祝福された際には驚きと喜びで涙したという。一夜明けた会見でも「いろんなことが突然起こって…。不思議な気持ちで、お姫様になったような気分です」と戸惑いを隠せなかったという。
病気に打ち勝ち、女優になって獲得したヒロインの座、ぜひ頑張ってほしい。

Filed under: 未分類 — barkacsbolt 10:55 AM

タイ、消火装置誤作動で犠牲者

タイの首都バンコクのサイアム商業銀行本店で、消火装置が誤作動、8人が窒息により死亡したという。
事故がおきたのは地下室で、銀行内では消火装置の点検改修作業が行われていた。この際、契約会社の作業員が誤って装置を作動してしまい、科学消火剤が噴射。酸素濃度の低下により、8人が窒息で死亡、7人が負傷した。
誤射された消火剤は、書類や電子機器に損害が出る環境で、水が使えない時に使われる噴霧タイプのもの。製造元によれば、薬剤の粒子に窒息効果はないとされているが、人のいる環境での使用を避けるよう注意しているほか、「誤って浴びた場合も5分まで」としているという。
一気に酸素濃度が低下したのだろうか・・・。契約会社はどのように責任をとるのか。

Filed under: 未分類 — barkacsbolt 10:02 AM

スター・ウォーズ、25日での一斉終了を宣言

昨年の12月18日より、全国の劇場で上映されている、「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」。
すでに累計興行収入112億円を突破する大ヒットを記録しています。その大記録を作り続けている「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」が、今月の25日をもって全劇場、全スクリーンでの上映を終了させることが決定しました。
いまだに映画ランキングで上位10位以内に入る集客力があるのにもかかわらず、「“一斉終了」のお達しが下るのは異例のことといいます。
一方、「フォースの覚醒」の続きを描く3部作の第2弾「スター・ウォーズ/エピソード8(仮題)」が、2017年12月15日(金)に全世界同時公開されることが決定しました。
「フォースの覚醒」は2月28日までに累計動員数715万5969人、興行収入は112億1247万円を記録しています。
通常の2D、3D上映に加えて、4DX、MX4D、IMAX3D上映など、イベントムービーとしての一面を持ち、異なる上映方式を求め、さまざまな劇場でリピート鑑賞するファンがヒットを後押しして模様です。
そして、上映終了というタイムリミットを設けることによっって、大スクリーンでの興奮をもう一度味わいたいというファンや、未体験の上映方式で鑑賞するリピーターの行動を加速させることが予想されています。
劇場で鑑賞できるのは、あと23日。
どこまで興行成績を伸ばせるのでしょうか。各地の映画館でも、まだまだ盛り上がりは続きそうですね。

Filed under: 未分類 — barkacsbolt 9:48 AM

伝統の靴づくりに3Dプリンター

滋賀県近江八幡市伝統の「八幡靴」を手掛ける市内の企業が、注文者の足型から作るフルオーダーシューズを少しでも安く提供し、良さを知ってもらおうと足型製作に3Dプリンターを作った靴づくりに取り組んでいるそうだ。
八幡靴は手縫いの革靴で、同市を拠点に活動した米国出身の建築家、ヴォーリズも愛用したという。品質の高さで知られ、1950年ごろには約60の業者が製造していたそうだが、合成ゴムや人工皮革、大量生産品の普及により次第に減少。伝統的な技術で八幡靴を作るのは1軒のみになってしまだそうだ。
八幡靴の製造・販売を手掛ける「リバーフィールド」は、ベテラン職人3人と若手3人が伝統の技術を守り、インターネットや宅配便で足型や試作品をやり取りしながら遠隔地の注文にも対応しているという。
同社は京都市のベンチャー企業と協力し、レーザースキャナーで採寸した注文者の足の3次元データから3Dプリンターで方を作る仕組みを開発した。足型は金具をつける強度が必要なため、内部の構造などに工夫を重ねたという。
靴のデザインやサイズ別にある既製の靴と、3Dプリンターで作る注文者の足型の2つを使い、注文者の足に合わせた靴を作るという。3Dプリンターを使うと専門業者に外注すると早くて1週間ほどかかる足型の製作期間が数日になるそうだ。また費用も大幅に削減でき、一般的に安くても10万~15万円する販売価格が7万円程度から可能になったという。
伝統を守るために、最新の技術を上手く取り入れるというのはいい方法なのではないだろうか。

Filed under: 未分類 — barkacsbolt 11:40 AM

宇宙から謎の球体が・・・

ベトナムの北部で、宇宙ごみと見られる謎の球体が落下してきたとして、ベトナム国軍が調査している。
軍の広報担当が時事に語ったところによると、ベトナム北西部のイエンバイ省で2日、金属製の球体2つが発見されたという。さらにその後、もっとサイズの大きい重さ45キロほどの球体が、隣のトゥイェンクアン省に落下したという。
広報担当は、「球体がどこから来たのか特定するため、現在も作業を進めている」とすると共に、爆発物や危険物質は含まれていないと確認されていると話した。また、球体は空から降ってきて、住民をおびえさせたと述べた。
国営メディアによれば、目撃者が、球体が地上に落下する前に雷のような音が聞こえたと証言したそうで、国営紙タンニェンによれば、初期調査の結果、この謎の球体はロシアで製造されたもので、ミサイルもしくは宇宙船の一部だった可能性が浮上したそうだ。
宇宙ごみのことをスペースデブリというらしい。球体の画像をみたが、ドラゴンボールのサイヤ人が乗ってくるポットのようだった。
 

Filed under: 未分類 — barkacsbolt 10:51 AM

Perfume完コピ「バキューム」

俳優・岸谷五郎の呼びかけで1993年からスタートし、23回目を迎えるエイズ啓発チャリティーイベント『Act Against AIDS 2015「THE VARIETY23」』が12月1日、東京・日本武道館で開催されたそうです。女優の吉高由里子さんは仲の良いお笑い芸人・ハリセンボンの近藤春菜さん、森カンナさんを誘ってPerfumeの「レーザービーム」を”完コピ”し、会場は歓喜と爆笑の渦に包まれたとのこと。
毎年12月1日の「世界エイズデー」に合わせて開催されている同イベント冒頭、スクリーンに「AAA STATION」と映し出されると、『ミュージックステーション』でおなじみのテーマソングが流れ、タモリさんになり切った岸谷五郎さん、寺脇康文さん、三浦春馬さんがアリーナ後方から登場。
Perfumeのシルエットが紹介され、中盤に登場したのは吉高さん、春菜さん、森さんからなる「バキューム」の3人。ぎこちなさはあったものの全力でやり切り、「もりかんです、はっちです、ゆりちゃんです。3人合わせてバキュームです」とPerfumeおなじみの挨拶を披露。その後もPerfumeTシャツを着た人を探し始めたほか、深々とお辞儀するなど”Perfumeあるある”を連発。
このイベントのために「何かできないか」と考え、吉高さんが発案したそうです。3人で合わせる時間がなかなか取れず、「昨日、春菜の家で夜中の2時まで練習しました」と明かすと、春菜さんも「Perfumeの3人も直接教えてくれた」と感謝しきり。関係者によると、吉高さんは「1日5時間、1週間にわたって」猛特訓したそうです。
本家Perfumeはトリで登場し、あ~ちゃんは「うちらのニセモノが出てきたじゃろ?ステージ上でえらい大きなこと言っとったけど、裏ではがたがただった」と暴露。エンディングではどちらも登場し、「がんばっとったよ」とねぎらっていたそうです。
毎年12月1日の「世界エイズデー」に合わせ、1993年からエイズの現状や正しい知識などを伝えることを目的に開催している同イベントの収益金は、全額国内外のHIV感染者・エイズ患者への支援やエイズ基礎知識の啓発資料の制作費、ラオスのHIV感染孤児たちの生活費・治療費、病院建設の支援になどに充てられるそうです。
こうしたイベントを開催することで、普段エイズについて考えることの少ない人にも正しい知識を知ってもらい、間接的に支援にも協力してもらうことができるのはとてもいい取り組みですね。

Filed under: 未分類 — barkacsbolt 9:39 AM

イギリスのビッグベン、老朽化で一時停止?

イギリスのロンドンの観光名所、英議会の時計塔の「ビッグベン」が老朽化し、修理しなければ止まってしまう可能性があることが議会の調査で明らかになりました。
ただ、修理費は巨額になるとのこと。
緊縮財政下でいかに捻出するか、議会関係者は「今にも壊れてしまいそうだ」と頭を抱えています。
イギリスのメディアによれば、156年の歴史を持つ、ビッグベンの大規模改修は31年前に行われたきり・・・。
下院財政委員会の調査によると、水の浸食や壁のひび割れなどいくつも問題が生じていて、「広範囲の工事」が必要としています。
また、エレベーターや案内所を新設した場合は総費用は最大4000万ポンド、日本円で約74億円と見積もられ、上下両院で対応を検討中です。ビッグベンは8月、鐘の音に毎時最大で6秒の遅れが生じていたことが判明しており、調整されたばかりです。 

Filed under: 未分類 — barkacsbolt 10:07 AM

国連の昼食会合で「ごみ」提供

27日、国連本部での昼食で驚くべき料理が提供された。「ごみ」だ。世界の首脳らはこの日、仏パリで12月に開催が予定されている国連気候変動枠組み条約の第21回締約国会議に向けた話し合いを行っていた。
昼食を担当した料理人たちは、現代人の食生活にみられる多大なる無駄が世界的な気候変動に影響を与えていることの再確認に繋がることを願い、本来なら廃棄処分されるはずだった食材のみを使って料理を完成させたそうだ。
国連本部で提供されたのは、野菜類の搾りかすを原料とするベジタブルバーガーなど。果汁などを抽出する調理法では通常、果肉の大部分が無駄になってしまう。バーガーに添えられたのは、でんぷん状のトウモロコシから作られた「コーンフライ」だ。米国には計約3600万ヘクタールのトウモロコシ畑があり、収穫物の大半は動物の飼料やバイオ燃料として使用されている。
このメニューは、米ニューヨークのレストラン「Blue Hill」の共同経営者で著名な料理人のダン・バーバー氏が米ホワイトハウスの元アシスタントシェフ、サム・カス氏と共に考案したそうだ。バーバー氏は「典型的なアメリカ料理だが考え方を変えてみた。ビーフではなく、牛のエサとなるトウモロコシを食べるんだ。」と述べ、「通常なら捨ててしまうものから、本当においしいものを作り出すことへの挑戦」と語っている。
国連の統計によると、世界の農業用地約28%で生産されている農産物は、活用されず単に無駄になっているという。この損失は気候変動の要因となる炭素約33億トンの排出に相当し、排出量としては国家として最大の中国と米国に続くものだという。
バーバー氏は、今回の昼食会のようなイベントを通じて、食文化が徐々に変わっていくことを期待しているとしながら「長期的な目標は、残飯から食事を作らないようにする(作ることができなくなる)ことだ」とコメントしているという。
本来なら捨てられてしまう「ごみ」から作られた料理というのはどんな味なのだろう?今回は国連本部で提供されたが、イベントを通して一般の人にふるまうことでより多くの人がこの問題について考える良いきっかけになるのではないだろうか。

Filed under: 未分類 — barkacsbolt 9:33 AM